スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐山を描く (その2)

夏の嵐山大井堰(西岸)IMG5530_convert_20090814080019
              夏の嵐山大井堰(西岸)       F8

 嵐山公園から西を望むと大井堰、料亭そして背後には亀山公園、小倉山、愛宕山等が連なっており一望することができます。
一番高い山は愛宕山で頂上のこぶは、その昔、比叡山と高さを競って喧嘩となりポコンと殴られた
際にできたコブだそうで、結果その分だけ愛宕山が京都で一番高い山になったのだとか。(観光ガイドの弁)
山の向こう側まで、約16㎞ほど遡れば、丹波の国亀岡です。
そこから舟に乗船して激流の保津川渓谷を縫いながらの保津川下りを楽しみながら約2時間ほど下れば、ここ京の名勝『嵐山』となります。

習作_convert_20090806114344
             大井堰習作         F4

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 四季の風 「絵筆にのせて」 倉橋 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。