京都岡崎 (その3)

並河靖之七宝記念館CIMG5443_convert_20090718121757
          並河靖之七宝記念館      F4

 明治27年に立てられた建物だそうですが、造作は虫籠窓、一文字瓦、駒寄せなどを備えた典型的な京町屋の造りです。
 時の経過とともに手前の塀は今にも崩れ落ちそうですが、それが返って風雪に絶えて今日に至る歴史を感じさせてくれるように思えました。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 四季の風 「絵筆にのせて」 倉橋 All Rights Reserved.