紅葉の南禅寺三門 (その二)

南禅寺三門(秋)
                三門秋色          F30

三門の中央部を額縁として大きく切り取りF30で描く。
作品表現の手段として技法、技術の習得は私の永遠の課題である。
殊に透明水彩では紙の白さを生かしつつ、水に溶いた絵の具の層を塗り重ねていく。
にじみ、ぼかし、垂らしこみ等の技法も用いながら光と濃淡の変化を楽しみ絵筆を運ぶ。
なかなか満足できる作品に到達できないが、それでも気品ある透明水彩の世界を漂って精進。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 四季の風 「絵筆にのせて」 倉橋 All Rights Reserved.