スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近づく示現会京都作家展

示現会京都作家展

 私にとって今年最初の展覧会出品となる示現会京都作家展(3月3日から8日 於:京都市美術館別館)が近づいてきた。
 同展には、ここ数年、専ら「 魚 梆 」(かいぱん)をテーマとした作品づくりをして今回で5作品目となりました。
 ”魚梆”は木魚の原型となったものだそうでの魚の口にある球は、木魚をたたいた時に魚の体内にある煩悩を吐き出しているのだそうです。
 私の絵のなかに宿る煩悩は留まるところを知りません。やはり108作品挑戦は続くことになるのか? ムリムリ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 四季の風 「絵筆にのせて」 倉橋 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。