スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小品 その2

吉原漁港(舞鶴)
                  吉原漁港(舞鶴)     F6

漁港に人影は見られない。
漁具も漁船も寂しげである。
子供の頃の記憶とはだいぶ違った漁港風景である。
大漁旗をたなびかせた漁船、ゴムの合羽にねじり鉢巻で威勢のよい猟師さんの姿。
カモメが群れ飛ぶ、そんな活気ある光景を良く見かけたような気がする。
この日の漁港は閑日、次なる漁に備えしばしの休息だろう。
岸壁にあるロープ、網、浮き、トロ箱等様々な漁具もその出番を待ち構えているかのようで
私の目には印象的に映った。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 四季の風 「絵筆にのせて」 倉橋 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。