スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蹴上

蹴上発電所送水管

 明治時代、琵琶湖からインクラインで京都まで水を引き込み、その水を落差32mの送水管で発電した蹴上発電所の送水管である。
京都初の事業用発電所として長く京都の近代化に貢献してきた。明治時代にタイムスリップできる貴重な遺産である。
この場所から、向こう側には京都ウエステイン都ホテルが見える。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 四季の風 「絵筆にのせて」 倉橋 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。